BGMに使えるリラックス・スティールパン アルバムをYoutubeで公開中>>

トリニダード武者修行2019の総括。

2019年のトリニダード武者修行日記はこの記事含め3つだけ。
大変な毎日に追われ、ブログ更新できず。
夫婦でトリニダードへ行き、PANORAMAに参加できたのは一生の思い出です。

  • 今まで所属したことのないバンドに所属する
  • テナーパンに挑戦する
  • 夫婦二人でパノラマに参加する
  • エンジンルームをより詳しく研究

というのがスティールパンの目標。 そして、夫婦の目標として

  • トリニダードのファッションを見て来る
  • 僕が感動したトリニダードのパノラマを妻にも体験してもらい、共有する

という感じ。 特に「共有」というのが重要で、トリニダードのパノラマのことを妻に知ってもらいたかったのは事実。 妻の方から「パノラマに参加したい」と言い出したのは意外でしたが、とても嬉しかった。 というわけで、これらを取り上げて深掘りしてみようと思います。

目次

トリニダード武者修行の目的・スティールパン編

デスペラードスのヤード風景

テナーパンに挑戦・デスペラードスに参加

2019年デスペラードスでテナーパンにチャレンジ

「どうしてテナーパンにしたの??」何度も聞かれましたのでこの理由を挙げます。

  • テナーパンをもっと上手く演奏したい
  • テナーパンのポジションからベースを聴きたい

ベースを演奏したい気持ちもあったが妻と一緒のバンドに入るのが最優先。
ベースが2つ空いていることは無いと予想していた。

数年分の答え合わせ

今までやって来たテナーパンの練習があっていたのか、間違っていたのか。 その答え合わせがしたかった。 通用する部分もあったし、全く通用しない部分もあった。 具体的にいうと、スティールパンの鳴らし方が全く通用しませんでした。これは一ヶ月で改善するものではなくて、コツコツとフォームを作って行くしかありませんね。理想のフォームを目に焼き付けてありますので、それを元に自分のフォームに落とし込んでいきます。 クロマチックスケール(半音階)やロールなどの基礎は、少し通用したかな。これからもさらに精進します。  

上手いベースを見たかった・聴きたかった

デスペラードスの6ベース

「安里はもっと色々な6ベースプレイヤーを見た方がいい」 以前から指摘されていました。

でも「トリニダードまで来たのに、演奏せずに見るだけ?!なんかモッタイナイ・・」と思っていました。

精神的に子どもですね。我流でずっと通していた感じ。

しかし、今回は心に余裕がありました。

自分の弱点をしっかりを見つめて「上手い人の演奏を観察することで自分も上手くなろう」という気持ちになれました。

デスペラードスは2位という結果に。

誇らしい結果です。しかし「悔しい」というのが正直な感想です。メンバーもみんな悔しそうだった。 これがパノラマ。結果は結果として受け止めて、次の機会に向けてまた頑張ろうと思いました。

夫婦でパノラマのファイナルに出たかったけど・・叶わず。

デスペラードス2019のセミファイナルTシャツ

これは仕方ありませんね・・。

妻はファイナルに出れませんでした。

元々はテナーベースに空きがあると聞いていたのですが、状況が変わってしまったようです。(他メンバーでも参加できない人が)

これもまたトリニダード。

だけど、セミファイナルは夫婦揃って出ることができました。それはとても嬉しかったです。

トリニダード武者修行・夫婦編

妻は洋服やアクセサリーにも興味があるので旅行に行ったら自然な流れで洋服屋に行きます。 トリニダードにも色々なお店があり、僕一人だったら絶対に行かないような(ファッションセンス高すぎてついていけないような)お店にも行きました。 結婚以来、妻の影響で僕も洋服を見るのが好きになりましたねぇ。妻の解説を聴きつつ色々な洋服を買いました。 おしゃれな洋服屋を教えてくれた森本さんに感謝!

ジュベモーニング編

ジュベモーニングでカラーパウダー

今回のジュベモーニングは泥まみれ&パウダーまみれになりました。最高でした!この写真の両隣の人は誰か知りません。

おまけ:英語編

行く前から分かっていたけど、結局今回もダメだった・・・。英語です。 またトリニダードに行くこともあるだろし、英語は喋れるようになりたいなぁ。。どこの国に行っても使えるし。 もっと深いコミュニケーションが取れればトリニダードをさらに楽しめるはず。 でも日本にいると英語を使わなきゃいけない場面が無いんですよね・・・・。 英語を喋らなきゃいけない環境に行かなきゃ上手くならないですね。何か初めてみようかな・・・・・。(始めてみようかな・・・程度じゃ絶対やらないだろうなぁ(苦笑))

まとめ

結果として、おおよその目標は達成できたかな。ただ、妻がパノラマファイナルに参加できなかったのはとても残念だった。やっぱりファイナルの壁は高い。簡単に出れる舞台ではありませんね。 だけど、これはこれで良い経験でした。次への課題をもらった感じかな。 全力で臨んだけど超えられなかったので。 この経験は、スティールパン以外にも活きてくると思います。 夫婦でパノラマファイナルに挑戦したこと自体が今回の成果でした。 これからも失敗を恐れずに挑戦する夫婦でありたいです。

トリニダード・トバゴに関する記事をまとめています。興味があればご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スティールパン奏者・ブロガー。
洗足学園音楽大学打楽器科卒業。
アスタ新長田スティールパンスクール講師。

目次
閉じる