BGMに使えるリラックス・スティールパン アルバムをYoutubeで公開中>>

大学発 制作 提案事業公開コンペに行ってきました。

「・・・・・いや、なにそれ?」 という方が多いでしょう。僕もよく分かりませんでした。 こちらにリンクを貼っておきます。

大学発・政策提案制度 – 神奈川県ホームページ
大学が神奈川県と協力して新しい政策を進めていこうという事業ですね。 音楽感受研究所も来年応募しようと話をしていたので、その下見にやってきたワケです。
目次

神奈川県庁で行われるコンペ独特の緊張感

コンペって経験が無いんですよ。 音楽はコンクールかオーディションです。 会社勤めの方やデザイナーさんなんかはコンペなんでしょうか?(すみません、よく分かっていません。) コンクールにせよ、コンペにせよ、 つまり順位が付いて、合格したり落ちたりするわけですよね。 競争ごとですので、会場はピリピリした空気に包まれていました。 しかし、特有の空気感ですね。「静かに熱い」 Daigaku teian kanagawa0874 どの政策が通ったかはホームページにアップされていますね。 ページを見てみたらコンペの様子も掲載されていました。
平成26年度の採択提案が決定しました(大学発・政策提案制度) – 神奈川県ホームページ
  こういった場所は普段行く機会がほとんどないので新鮮でした。 正直、自分達がエントリーしていたわけではないので「他人ごと」でしかなかったのですが、厳しい空気感などは感じましたね。 知らない場所に飛び込む事って非常に重要だと思いますので、自分達の発表が無くても記事にしてみました。]]>

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スティールパン奏者・ブロガー。
洗足学園音楽大学打楽器科卒業。
アスタ新長田スティールパンスクール講師。

目次
閉じる